紫外線Bに注意しなくてはいけない時期とは?

紫外線Bに注意しなくてはいけない時期とは?

紫外線Bに注意しなくてはいけない時期とは?

 

紫外線Bは紫外線Aと違って風に比べて夏の方がすごく多いことがわかっています。

 

一番気温の高い8月より6月の方が多いのですが、年によって差があることもあります。

 

1月と7月を比べると平均的に5倍ぐらいの差があり夏の紫外線は5倍も強いということがいえます。

 

しかし時刻によっても全く異なっています。

 

夜はもちろん全く降り注いでいませんし、午前八午後の遅くなどには少なくなっています。

 

一番多いのは太陽が南中する時です。

 

つまり12時です。
それ以外の2時間ずつが凄く多くなっています。

 

例えば午前10時から14時頃までが紫外線の量が多くなっています。

 

そして天候によっても違っています。
雨や曇りの日には紫外線Bはほとんどの場合届いています。

 

しかし雨でたくさんの雨が降っているときは30パーセントぐらい届いていて少し曇っている程度であれば50%から80%が降り注いでいます。

 

天一のもなれば日焼け止めクリームを塗ることもなく全く紫外線が降り注いでいないように思いますが、考えてみれば覆いかぶさったとしても外を歩けるほど明るいですよね。

 

ですので、可視光線が届いているということは紫外線だって届いていて全くおかしくないのです。

 

日陰なら安心?

日陰だからといって安心することはできません。

 

上から降ってくる紫外線は浴びなくて済みますが、地方から反射している紫外線を浴びてしまいます。

 

コンクリートなどは反射率が高いので20%紫外線が透過しています。

 

ということは上から100%送ってきて、下から100%は来ませんが、20%程度は届くので合計で120%の紫外線を受けているということになります。

 

これは案外ショッキングな出来事です。

 

そして登山をする時には空気が綺麗になっていくので紫外線の量がどんどん増えていくというものがあります。

 

色白の人は紫外線の影響を受けやすい日焼けをする人はだいたい色が白くてメラニン色素が少ない人です。

 

太陽光にたくさん浴びる時間経ってからだんだんと赤くなってきて一日たったぐらいが一番赤くなっています。

 

これはプロスタグランジンという成分が原因になっています。

 

そしてその後にメラニン色素が増加し肌が黒ずんでくる色素沈着が始まります。

 

そうすると肌が黒くなっていきます。
日焼けをするタイプがすぐに赤くなるタイプや赤くならないのです。

 

肌がすぐ黒くなる人

ぐ黒くなるタイプほとんど色が変わらないタイプなど様々な肌質がありますが、肌の質によって皮膚がんになりやすい確率や紫外線の影響を受けやすい強さも変わってきています。

 

紫外線に反応してメラニンを作る能力は生まれつきに決まっています。

 

ようによると17パーセントの人は色白でメラニン色素なかなか作ることができない人です。

 

となるとこのような人たちは色黒の人よりもっとメラニンの対策をしていく必要があります。

 

つまり紫外線の影響を受けやすくDNAが切断されやすいということを意味します。

 

日光でまな板や布巾などを消毒するということを聞いたことがありませんか。

 

実は紫外線には殺菌をする効果があるのです。

 

紫外線照射という言葉があるように殺菌することができる力を持っているほど紫外線の波長が短くて攻撃性が強いです。