紫外線には殺菌作用がある!洗濯物は外に干すべし

紫外線には殺菌作用がある!洗濯物は外に干すべし

電気の洗濯機が普及した今でも紫外線浴びて殺菌させた方が洗濯物が綺麗になります。

 

紫外線には殺菌作用がある!洗濯物は外に干すべし

 

雑菌が増えやすい雑巾などの布類は日光消毒をすることできれいにすることができます。

 

殺菌作用があるということは細胞殺すすごい力があるということを意味しています。

 

そうすると人間にも少なからず影響を与えていると思います。

 

つまりDNAが損傷する可能性が高いということです。

 

紫外線はx線より波長が短いですが、やはり人間の体に悪影響を及ぼすという事については変わりがありません。

 

肌を通過してしまうようなことはないのですが、一定の注意は現れるべきではないでしょうか。

 

 

太陽とうまく暮らしていくためには

紫外線とうまく接合するためにはまず紫外線とはどんなものかということを理解する必要があります。

 

まずひかりには波長があります。

 

調というのは山富山の距離のことをいいますが、8が短いものから始まる長いものまで色々な光があります。

 

太陽光はいろいろな光を含んでいて地球上に色々な波長の光を発しています。

 

地球上にはオゾン層やいろいろなそうがあるので太陽光がすべて届くわけではありません。

 

届くものは紫外線や可視光線赤外線放射線も少し届いています。

 

宇宙では非常に多い放射線が降り注いでいます。

 

それはオゾン層などのバリアをする層がないためです。

 

話がそれましたが、太陽光の紫外線には3つの種類があります。

 

一番端町が短いものから一番長いものまでUVA、UVC、UVBという3種類があります。

 

UVCは一番強力なパワー持っていますが、オゾン層に吸収されてしまうために地方にはあんまり届かないので心配する必要はないといえます。

 

そして紫外線A、紫外線Bは我々が浴びている100%の紫外線をいいます。

 

UVBはいろいろな雲に吸収されてしまうのであまり届きませんが、5%程度を占めていると考えてよいでしょう。

 

波長の短いものほど人間には大きな害を与えます。

 

昔人間が地球上に住めなかった時代植物も魚も何もかもすることができません。

 

紫外線が活性酸素を作る

それは紫外線がモロに当たっていてオゾン層などがなかったからです。

 

人々が上陸できるようになったのはオゾン層ができて紫外線が届かなくなったからだといえます。

 

紫外線と紫外線Bには10倍以上の差があります。

 

もちろん大きいのは紫外線Bの影響力です。

 

紫外線の害の多くは紫外線Bでできているといわれていますが、光老化と呼ばれている美容的な面でいえば紫外線Aも無視できることではありません。

 

紫外線は皮膚に吸収されると活性酸素を作ります。

 

活性酸素DNAを傷つけます。

 

そうすると元のもとにもなります。

 

他にも4つのデメリットがあることは最初に紹介しましたが、例えばランゲルハンス細胞の働きを弱めて免疫力を落としてしまうということがありましたね。

 

オゾン層とはオゾン層とは地球上の大気圏より上の方に漂っている保存がたくさん入っている層になります。

 

保存は酸素の原子がくっついてできていて紫外線を吸収してくれます。

 

紫外線を吸収すると酸素になります。

 

オゾン層に穴が開いてきたのはフロンを使ったことが原因でした。

 

フロンはもともとあまり害がない物質だったのですが、オゾン層を壊してしまうということがわかった時にはすでに時は遅くて、オゾンホールがどんどんと大きくなっている時でした。

 

フロンガスは寿命が長いものですので、これからもずっと居続けると思います。

 

そうすると2030年頃に一番発がん性が高くなるのではないでしょうか。

 

雨や曇りの日には紫外線の影響は少し少なくなります。

 

しかし30%から80%ぐらいは降り注いでいます。

 

ですので、やはり対策が必要だということはいうまでもありません。